カードローンに代表される無担保融資と有担保融資の違いとは

ちょっとお金が欲しい時、無担保で借りられる銀行や消費者金融のカードローンはとても便利なものです。カードローンなら、無担保でも融資を受けることができますので、自分の身分や年収を証明するだけで手続ができます。思い立った時にすぐ、店舗でもネットからでも申込みできて、審査もすぐにしてもらえます。とはいえ、無担保で融資を受ける場合は、50万円くらいが一度に借りられる上限です。もちろんきちんと利用して返済していれば、借り入れの上限額を上げてもらうこともできます。貸付条件をよりよいものにして欲しい場合は、担保に不動産などを用意して、審査を受けたほうがいいでしょう。しかし何百万、何千万というお金の借り入れの時は、不動産などの担保を用意しなければなりません。審査結果が出るまでしばらく待つ気があり、担保や保証人も用意できていれば、大口の融資が受けられます。その代わり、無担保の融資と比較して、金利は低くなるというメリットがあります。無担保で融資を受けていると、返済が行き詰まった時は債務整理をするしかなくなってしまいます。有担保の融資で返済できなくなってしまった時には、担保物件を手放すことになります。自分の希望する融資の条件はどんなものかを考えて、無担保と有担保のどちらの借り方をするべきかを検討してください。お酒の買取