コーム、ブラシの使い分け、タイミング

私はくせっ毛のため、ブラッシングに力を入れています。
お風呂上がりには、髪が濡れた状態でブラッシングするとキューティクルが剥がれてしまうので荒いコームで軽くブラッシングしてドライヤーをしています。

ドライヤーもこだわりがあり、頭頂部から毛先にかけて乾かしていきます。ドライヤーの向きは髪の毛の流れている向きと同じ方向で当てます。
ドライヤーの際には、ヘアオイルをつけることにより、ドライヤーの熱からキューティクルを守ってくれたり、髪の表面がツヤツヤになります。

そして、お出かけ前のブラッシングには、毛量がたくさんのコーム、ブラシを使います。
一気にブラッシングしようとすると、絡まってしまったり、つまってしまうので優しくゆっくりブラッシングしていきます。
ブラッシングする際にはヘアトリートメントの使用がおススメです。
ヘアトリートメントを髪全体になじませるようにブラッシングすることにより、1日のダメージから髪を守ることができます。