星景写真の魅力―星空と景色を同時に撮影―

流れ星を撮影できると聞いて一眼レフを購入したことがきっかけです。夜、自分の目では見ることのできない光をカメラが取り込み、美しい風景を写し出してくれます。
星空と山や湖、寺社仏閣を合わせると日中とは全く違う魅力見せてくれます。流星群の時は、テンションが上がります。月明りも演出次第で真昼のような写真が撮れます。
初めて流れ星と森をおさめた写真が撮れた時はガッツポーズしました。

初期投資や交通費、時間はかかりますが、カメラの性能も上がってきていて撮影しやすくなっていますし、
あとでPCで明るさや色味を少し編集すれば、SNS映え間違いなしの写真を作ることができます。
おすすめの時期は、冬です。晴天率が高く、明るい星も多いので、写真の構図を取りやすいです。

天候に左右されますので、天気予報や撮影場所の下見は必須ですね。最近は、撮影する人も増えています。
夜暗いとことにいくので、必然的に自然の多い場所になります。周りへの影響やマナーをしっかり守っていただきたいと思います。
始めるには、だれかと一緒に連れてっていてもらうことを強くお勧めします。